2015年09月23日

本棚★「学力」の経済学

本との出会い:お薦めされて

Amazon教育学カテゴリのベストセラーにもなった本書▼▼


良く見られる精神論的な教育本ではなく、あくまでもエビデンス(科学的根拠)に基づいて書かれた本。
著者の中室牧子さんも触れていますが、本書に掲載されている実験データはほとんどアメリカのものです。日本は、ほぼ公開されていない(というか、まとめるのには不十分な数字しかないのかも…)状態。
是非、本書のヒットをきっかけに、教育に関する開かれた統計が国内でも進むと良いですね。
少しだけ、面白いと思った内容をいくつかご紹介します。

●ご褒美実験
「テストで良い点を取ればご褒美」と「本を読んだらご褒美」、どちらが効果的?
アメリカのフライヤー教授が行った実験で、実験費用なんと94億円、約250校、小2〜中3にあたる約3万6千人の子供が参加した大規模なものだったそうです。

2つのグループに分け、どちらのグループが学力テストの結果が良くなるか。
1つは、アウトプットに対する報酬、すなわち学力テストや通知表の成績などをよくすることにご褒美を与えるというグループ。
もう1つは、インプットに対する報酬、すなわち本を読む、宿題を終える、学校にちゃんと出席する、制服を着るなどのことにご褒美を与えるというグループ。
ご褒美をもらえる状況は全く逆ですね。

それぞれ条件を提示された生徒の学力テストの結果がどうなるかといったものなのですが、
何と結果はインプットにご褒美を与えられた子どもたちのほうが良いものだったとのこと。

インプットと言っても数あるものですが、特に本を読むことにご褒美を与えられた子どもたちの学力の上昇は顕著だったそうです。一方、アウトプットにご褒美を与えられた子どもたちの学力は、ほとんど改善されなかったとのこと。意外でした。
この結果だけでもなるほど、と思うのですが、本著ではさらにこのようにまとめています。

なぜテストで良い点を取ったらご褒美、というグループに学力向上の結果が見られなかったのか。
鍵は、子ども達が「ご褒美」にどう反応し、行動したかということにありました。
「インプット」にご褒美が与えられた場合、子どもにとって、何をすべきかは明確です。
本を読み、宿題を終えればよいわけです。一方、「アウトプット」にご褒美が与えられた場合、何をすべきか、具体的な方法は示されていません。
ご褒美は欲しいし、やる気もある。しかし、どうすれば学力を上げられるのかが、彼ら自身にはわからないのです。
⇒まず、「勉強の仕方」を勉強することが重要。


うーん、腑に落ちる…。
教育などの分野は、個人の経験論(大変すばらしい教えも沢山ありますので否定ではありません!)を通して語られたものが多い中、この本は一味違ったものでした。
他にも、
・ゲームは子どもに悪影響か?
・「お金」はよいご褒美なのか?
・少人数学級は本当に効果があるのか?
など、面白い問題提起と結論が掲載されています。

日本でも、学力テストの結果が都道府県別に公表されてるじゃないか、と思う方もいると思いますが、どうやらそれも経済学者の観点からすると、やや数字の背景がずれているようです。
もし、学力の平均結果を公表するなら、家庭の資源を表す情報もつけて公開するべきだと。
※家庭の資源:学区の生活保護率、就学援助率、学習塾等事業所の数や売上など

本書ではアメリカのデータが主でしたが、やはり日本でもこういった取り組みは進めるべきだと感じます。
やはり、その国の文化などにも影響は出るはずですから…。
良い本に出会えました^^

posted by 船井総研 村田 at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

Webマーケティング担当者にオススメのサイト、ブログ等5選

世間はシルバーウィーク真っ只中ですね^^
昨日はラグビーワールドカップをTV観戦しておりました。
日本VS南アフリカの一戦、本当に感動しました!

恥ずかしながらラグビーを見るのは、海外旅行先でテレビをつけた時くらいだったのですが、
最後の1秒まで絶対にあきらめない、そんな心意気が画面を通しても伝わってきました。
こんなにも情熱が伝わる戦いがあるのだと、胸が熱くなりましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

本日は、時折お客様や後輩から参考にしているサイトやメルマガってありますか?
というご質問を受けるので、備忘録も含めて勝手ながら私が勉強させていただいている一部をご紹介させていただきたいと思います。
(2015年9月20日時点のものなので、あしからず…)
発行元の皆様、いつも勉強させていただいてます!

◎SEO対策
国内も有名なSEO対策の権威である方々のブログです。
・鈴木将司公式ブログ
http://www.web-planners.net/blog/
・海外SEO情報ブログ
https://www.suzukikenichi.com/blog/

◎ポータルサイト
・Web担当者Forum
様々な企業のWeb担当者が知りたい情報を幅広く取り扱っています。
このサイトを開くと、あっという間に時間が過ぎていくので注意です。笑
http://web-tan.forum.impressrd.jp/

・ferret フェレット
フェレットは、便利なツールも提供していますよ。
https://ferret-plus.com/

・LAFLab.
メルマガを開いたときのインパクト大。
タイトルのつけ方もWeb担当者にとっては気になるような文章になっていて面白いです。
https://listing.auto-flight.net/laflab/

あ、士業業界のWEb担当者の方は、
弊社が主催しているホームページ倶楽部をご活用下さい〜♪
最新情報、仲間との交流ができる有意義な時間をご提供します!
http://www.samurai271.com/web/

posted by 船井総研 村田 at 21:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WEBマーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

本棚★孫正義 働く君たちへ

本との出会い:図書館にて

この本の紹介の前に…ダッシュ(走り出すさま)
私は中央区民歴4年目なのですが、
実は本日、区民になって“初めて”図書館に行きました^^;
更にカミングアウトすると、社会人になって初めてですね。図書館の利用。
なんだか恥ずかしい…。

天気が良かったので散歩がてらに訪問してみました。

地元のような大きな館の、いかにも図書館!という建物ではなく
様々な施設と併設されている都会的な図書館でした。

インターネットから予約可能であったり、
貸出がセルフサービスだったり、感心の連続。
ITテクノロジーを感じましたあせあせ(飛び散る汗)

30分ほどしか滞在の猶予がなかったので
目についたものを手に取り借りた中の一冊がこちらです▼▼


読書時間は3〜40分くらい。瞬殺でした。すぐ読めます。
どうやら孫氏がソフトバンクの新卒採用イベントの際に話した内容を簡潔にまとめているようでした。

孫正義氏=ソフトバンク
という認識は当然ありましたが、どのような人柄なのかは知らなかったので
初心者の私としては面白い書籍だったと言えます。
(amazonレビューだとそんなに高くない様子ですけどね^^;)

この書籍は、講演したシーンからも言える通り、
就職活動中の学生向けといった内容と思いがちですが、
是非若手の社会人にもお勧めの一冊です。

孫さんは人生で何度か大きな挑戦をしていて、
一回目の挑戦が「16歳で日本の高校を中退して、単身アメリカへ留学」だったそうです。
周囲の反対を押し切って、退路を断ち、とにかく勉強漬けの毎日だったそうです。
この覚悟と日々の努力が実を結び、数々の成功体験をすることになるようです。

さらに、1日5分だけ、勉強以外の時間も作り、アイディアを創造する時間を設け、
良い案が浮かんだ日もあればそうでない日もあったようですが、
後のビジネスにこの習慣が大いに役立ったとのこと。

確かに、インプットだけではなく、その蓄積された情報をまとめてアウトプットする事は大変重要ですね。
我々のようなコンサルタントの仕事も、このインプット⇔アウトプットを絶えず繰り返して行う力は必要とされます。

さて、この書籍の中で一貫している言葉がありました。
それは「志高く」というキーワード。
もしかすると色々な場所でよく耳にする言葉かと思いますが、
どこまで自分の中で落とし込めているかと言われると、私はまだまだのように思えますふらふら

孫さんは19歳の時に人生の設計図を立てたそうです。
それも、3年5年後という短期的なものではなく、
20代、30代、40代、50代、60代・・・と長期的なところまで。
どんな人生を送るか、自分はどんなことを成し遂げたいか、etc...
うん十年後の姿に向けて、今やるべきことをやる、というスタイルで、
「日々の充実度は目標の掲げ方次第」大切にしてほしいと述べています。

そのほか、自分の一生をかけるにふさわしい仕事として、
・自分自身が最低50年間飽きずに、その仕事に深い関心と冷めない情熱を持ち続けられるかどうか
・その仕事が時代の流れにあっているか
・その分野で最低でも日本で一番になれる事業かどうか、できれば世界一になれる事業かどうか
・利益を出すことができ、少ない資本ではじめられ、社会に貢献できるか
を条件にしていたそうです。(本書では上から3点まででしたが、おそらく4つ目も含まれるとして追加しました)

どうしても、孫氏の言葉を要約した書籍なので三人称の表現が多く臨場感に欠ける部分もありますが、孫正義氏の考えについて初めて触れる方には、わかりやすい内容だったと思います。

posted by 船井総研 村田 at 23:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする