2015年10月01日

本棚★「知」の強化書

本との出会い:書店にて

敬語の使い方などの書籍が多い本郷陽二氏ですが、今回はこちら▼


この“「知」の強化書”という書籍は、
・読書力をつけるには
・どうすれば時間を活かせるか
・どう整理すればいいのか
・発想力をつけるには
・書く力をつけるために
・思考力をアップさせるには
という知的習慣において、名だたる人々が過去出版している書籍を本郷氏が紹介しているというスタイルの書籍で大変面白いものでした。
この本をきっかけに、紹介されていた本を読みたくなる・・・というループにはまりそうですたらーっ(汗)

いくつかご紹介します。

1.読書力をつけるには
清水幾太郎「本はどう読むか」
・面白い本しか読まなくて良い
⇒正しい解釈になるかわかりませんが、興味のない本を読むほど苦痛なことはないですよね。日々仕事や生活をするうえで興味関心がある事項と関連する書籍を読んだほうが、格段に血肉になると思います。

・読書ノートの作成。書物に忠実に書いていく客観主義的ノートと、テーマごとに色々な書物にある部分をノートに写したら、それに関する自分の意見などを加えた主観主義的ノートがあるが、のちに活用できるのは断然主観主義的ノートである。
・読んだ本のどの点が有益だったか、どういう意味でその点が有益だったのか話せるまで踏み込む
⇒このブログの本棚コーナーにおいても、ややその色を持っております。。。まだまだですが。


2.どうすれば時間を活かせるか
糸川英夫「驚異の時間活用術」
※糸川氏のことは今回の書籍を通して初めて知りましたが、小惑星イトカワ、をはじめ大変有名な方なのですね。10年ごとに仕事の分野を変えていった。航空業界、楽器演奏、学術等多彩な趣味の持ち主で、しかもそれぞれ結果を出している。。。楽器もセミプロ級という方のようです。
そのような方が時間の使い方で大切にしていることは、
・忙しい人ほど良く眠れ。枕にこだわれ
・忙しく立ち働く生き方だけでなく、ボーっとしている時間を持つべきだとといた「逆転の発想」という書籍
・切れ端の時間を使う。@ある一定のまとまった時間が使えれば、その時間内に集中してやるAまとまった時間を遣えないなら、まとまらない時間をうまく使う⇒まとまらない時間の徹底活用が肝。ちょっとした切れはし時間は「神の恵み」と思っていた。


本田直之「レバレッジ時間術」
・忙しいは禁句にせよ
・時間を投資で増やす。時間資産は大きな複利で雪だるま式に増えていく。
・ゴールから日々の予定を逆算する。1日の時間割を作る事。
 @自己投資の「インプット」の時間。人に会う時間、読書の時間等
 A仕事をしている「アウトプット」の時間
 B食事や風呂や睡眠などの「生活」の時間
 C自由に使うプライベートな時間
 24時間を30分〜1時間単位くらいで4つのカテゴリーに分けて1か月ぐらい記録すると自分の時間の使い方のパターンや不明時間、非生産的な時間が見えてくる。そこから今後の時間の使い方の指針を見出し、新しい時間割を作る。最も大切なのは、インプットする時間を初めに確保し、時間を天引きする。



4.発想力をつけるには
外山滋比古「知的創造のヒント」
・考えの種子は寝かせること。寝かせるという工程は発酵するということ。
⇒私自身、仕事をするうえで、執筆やテキスト作成をする際は一度寝かせることが重要だと、上司からよく注意を受けていました。更に良い形に熟成されたり、??というポイントに気付けたりするのでよいですね。
どうしても時間に追われて大急ぎで作って提出…という方も少なくないでしょうが、特に不特定多数の人に見られてしまうような媒体などには慎重にならないといけません。

・「この先が面白そう」というところで読みやめる。ものを読むコツは、谷のところで読みささないで、山のところ、あるいは、山へさしかかるところで休止することである。もう少し酔い続けたいという気持ちをもったところで、あえて読み辞める。そうすると、あとで本を開くときっかけがつかみやすい。
⇒仕事でも、面白くなりかけたところで中断しておくと、次にその仕事に取り掛かったときに、調子よく仕事が始められる。これまでの概念の逆転の発想でした。

梅棹忠夫「知的生産の技術」
・知的生産とは「頭を働かせて、新しい情報を提出すること」ということである。
・ダ・ヴィンチの手帳⇒とんでもないメモ魔だった。街で出会った人の顔、弟子が買ってきたものの値段など・・・なんでもメモする習慣がある人だった。梅棹氏もこれを知りすぐに実践する。次第に自分なりに進化させたメモの方法をとる。「1ページ1項目」「ページの上欄に、そのページの内容が一目でわかる標題をつける」
・本には傍線を引く

⇒私は書籍を読む際、付箋を必ず使っています。付箋に要点や気付きを書き込み、該当ページに貼るのです。以前のブログでも触れましたが、神田昌典氏のセミナーに行った際、フォトリーディング講座の中で付箋を活用することを学んだことがきっかけです。この話と通ずるところがあると思います。
・本は一気に読む。一気に読んだほうが理解という点では確実さが高い。少しずつ読んだ本はよく内容の理解ができていないことがある。
⇒大変共感した。一気に読む本ほど内容を鮮明に覚えているものですね。その通りだと思います。
・書く技術は才能より訓練
⇒自分にとって、ブログを書いていることは、アウトプットの訓練として捉えています。

加藤諦三「大学で何を学ぶか」
・好きなことを見つけるというよりは育てるもの、創るものである。まず何かを始めてみる。どんなことも、最初から面白いと思えることはめったにない。最初は苦しいことが多いと思っていたほうがいいくらい。その段階を辛抱しているうちに、次第に経験や技術が身についてきて、面白いと思えるようになるものだ。
⇒最初から楽しくて仕方がない、というよりは、何かの縁で始めたことがきっかけで取り組み、辛いことも多々あったがそれが自分自身の血肉となり、己を大きくすることがあると感じます。


5.書く力をつけるために
板坂元「考える技術・書く技術」
・書く要点は、「だきこめ」「なめられるな」「のせろ」。「だきこめ」とは読者を自分の味方に引きずり込む技術。「なめられるな」は読者の信頼・尊敬を得る技術。「のせろ」とは読者を自分のリズムに乗せる技術ということ。
⇒テキストでも執筆でもそうだが、読み手を自分の味方にするすることは大変重要。さらに、短く、無駄のない文章にすることがポイント。あまり長すぎない文章を書くことも大切であり、1つの話題は400字詰め原稿用紙で最大3枚以内に収めるといいようです。

扇谷正三「現代文の書き方」→読む。
・現代文12の心得、の中の特に参考になるものとして、
 ・メモを見ながら原稿を、まず頭の中で書いてみる
 ・まず書きやすいところから書いていく
 ・文章は短文の積み重ね、を原則とする
 ・相手の立場になって、これでわかるかしら、失礼にならないかなどの検討と確認
 ・感情に激して書いた手紙は、一日寝かせること。手紙も自分も。

⇒本書の中に登場する著名な作者の多くが寝かせることの重要さを説いていると感じます。大急ぎで作った文章をそのままリリースすることは、大変リスクでもある事を私も痛感していますので、ここは万人共通して時間をかけるべきところなのだと思います。


「知」という一つのテーマから、様々な著者からのエッセンスを紹介している本に出会うための本と言えるかもしれません。
冒頭から巻末まで流れるような感じで、それこそ“一気に”読み進めることが出来ます^^
posted by 船井総研 村田 at 08:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

本棚★幸せの作法

本との出会い:Amazonのおすすめ本紹介を見て

『女性の品格』でも有名な坂東眞理子氏の書籍▼
メインタイトル(幸せの作法)というより、副題(働く女性に贈る61のヒント)に興味を持ち手に取りましたダッシュ(走り出すさま)


2009年に出版された本なので、やや時代の流れも変わっていると感じる点もありましたが、
感想としては、どんどんキャリアアップしていきたい!という女性向けというよりは、
もっと大多数の、日本で働く女性(マジョリティーな)に向けての書籍という印象を受けました。

それでは、個人的なメモですがいくつかご紹介します。
・“スタンダード”にとらわれない
こちらについては、エピソードが面白かったので^^;
ミシェル・オバマ(米オバマ大統領の妻)が、
「バラクは、家事がうまくない。そして手伝わない」という話をしていたそうです。
ちなみに、アメリカの中流家庭の場合、夫婦で家事を分担するという事は「愛している」と言うのと同じように男性の義務だそうです…
どんっ(衝撃)
ミシェルはこれに対して
「夫を変えようなどと考えずアウトソーシングすれば、ふたりとも心安らかだ」と考え、
「自分の稼ぎでお手伝いさんを頼む」選択をしました。
分担をすることがスタンダードという枠に囚われず、柔軟に別の方法を見つけて選択をする。
仕事、妻、子育てを両立している女性は多いものです。
こういった価値観があるという事を受け入れることで、自分自身のストレスも減り、周りのストレスも減るという事を言いたかったのではないでしょうか。


・「好きなことを仕事にする」を甘く見てはいけない
好きなことを勉強するのはとてもいいことですが、現実にその分野の職業に就けるかどうかは、また別のことなのです。
⇒中途半端なら趣味にとどめておいたほうがまだマシということも多いはず。。。
この意味を軽くとっては大変な目に合うと思います。
私も立場上、時折、好きなことを仕事にしたいんです、という就活生に会うこともありますが、
どれくらいその事が好きなのか、そして、仕事として成立するくらい、対価をもらえるくらいなのか、
深堀すると、自分から「やっぱりまだ浅いですね、自己分析をもっとやってきます!」と完結してしまう人も少なくありません。


・自分探しの旅??
これもよく聞く言葉です。
本書で、
「今の自分を変えたい」「自分が好きになれない」という若い女性もたくさんいます。
向上心、向学心があることは素晴らしいことですが、「自分探し」の旅人になってしまっては、自分を不幸にします。自分探しに「はまって」しまうと、自分自身を見失うことになります。「自分らしさ」に、みんながこんなにこだわるようになったのは、外の世界に関心を失い、自分の幸せ、自分の快適さ、自分の利益ばかりを求める…自己中心になったせいではないでしょうか。思春期ではよくあることですが、20代になったら、まずは等身大の自分を受け入れることが必要です。自分の現在の境遇が嫌いで、まったく違う生き方があるのではないか、自分の中に隠れた才能があるのではないかと、ウロウロしてはいけません。

と記載されています。
このような心理状態の打開策として、
・小さな目標を達成する努力をする
・ありのままの自分の中から、好きな部分を探す
・自分の長所を見つけてそれを好きになり、少しずつ育てる
ということを挙げていました。


・一段高い目線を持つ
与えられた仕事を機械的にこなすのではなく、
「本当にこれがベストのやり方だろうか」「自分が上司だったら、このやり方で本当に満足するだろうか」と自分で考えて行動できる能力を磨いていくことが大事です。

船井総研でも、若手が上司の同行に行く際、お客様から上司への質問に対してとっさに「上司はなんていうだろうか」と考える癖をつけることを推奨しています。
イメージした回答と同じであればうれしいことですし、まったく外れてしまった場合は自分の引き出しの一つになります。


・働くお母さんは子供に謝ってはいけない
いくら忙しくても、接する時間が短くなりがちでも、子どもにそれを謝らないこと。
「いつも忙しくてごめんね」「ほかのお母さんみたいにいつも家にいれなくてごめんね」
心の中で思っていたとしても子どもには言わないこと。お母さんは悪いことをしているのではないのですから。また、かわいそうだからと必要以上にお菓子やお金を与えないこと。母親が忙しいのですから、家事もきちんと分担させるべきです。
子どもがしっている「ほかのお母さん」=スタンダードと違うことを詫びるのではなく、
「お母さんは仕事をしているから、将来仕事をするときにはたくさんアドバイスをしてあげる」
「お母さんにはいろんな友人がいるんだ」
とポジティブな見方を伝えましょう。

⇒個人的には、目から鱗の考え方でした。しかし、思い返してみると私の母親も謝ることはしていませんでしたし(現在もバリバリ管理職として働いております)、寂しいと思うこともありましたが、同時に誇らしくも感じていました。自分も将来、仕事を持って活躍していきたいと割と幼いころから思っていたものです。


・上手に叱られる
男性上司は口をそろえて「女性を叱るのは難しい」と言います。
男性のほうが比較的叱られ慣れている人が多い。私のことが嫌いなんだと拡大解釈したり、人格の否定とばかりに、重大に受け止めがちです。職場では「余計な気を遣わなくてもいい」存在になりましょう。
⇒これは私も管理職という立場になって改めて感じたことですが、やはり多くの男性上司は、女性の部下の扱いに手を焼いているなと感じます。
勿体ないことは、せっかく女性自身がもっと鍛えてほしいと思っていても、そいういったレッテルのせいで、男性上司が引いてしまう…というお互いにズレが生じてしまっているケースがあることです。
ここは、予め女性側のほうから気を遣わなくても良いという意思を伝えておいたほうがよいな、と実社会を持って私も学びました。


あくまでも、マジョリティ向けの書籍なので、
少し刺激が足りないな、と思う方も多いと思いますが、
事務職が多い、長く働いている女性が多い職場等の若い女性たちには一読の価値のある書籍だと思います。
posted by 船井総研 村田 at 09:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

本棚★一流の人に学ぶ自分の磨き方

本との出会い:Amazonのおすすめ本紹介を見て

Amazonの“おすすめ”は一度ハマると中毒になりますね…たらーっ(汗)
個人の検索履歴から関連商品を出しているので、どんどん読みたい本が出てきますダッシュ(走り出すさま)

今回はこちら▼

最近の書店には、一流のビジネスマンになるための習慣(思考法や仕事法、健康法、生活リズム等様々)に関する書籍が数多く出ているように感じます。

本著のスティーブ・シーボルトは米国では人気の経営コンサルタントだそうです。
プロフィールを読むと、
学生時代に一流の人の研究を開始し、20年後に成果を発表して注目を集める。
現在は能力開発の第一人者としてトヨタ自動車、ボルボ、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどをクライアントに持つ…(中略)世界の講演者の収入上位1%に入る。
とありました。
本書を通じて初めてお名前を知りましたが、すごいお方なのですね…あせあせ(飛び散る汗)
ついつい、世界の講演者の収入1%という数字データ(出元)が気になってしまいますが(笑)

全体的に一流の人と二流の人を比較している書籍なのですが、この本の良いところは、単に二流を否定・差別、見下しをしているのではなく、単なる結果として表記しているだけに過ぎないという前置きがあり、更に、筆者自身まだまだ二流と感じる部分があるという謙虚な姿勢を見ていると、なんとなく更なる説得力を感じるものでした。
(スティーブ・シーボルドは、経営コンサルタントではある一方、学生時代に一流の人の研究をしているとあった。こういった背景から上記のような文章を書いたのでしょう)

ここで、本書に記載されていた「一流」と「二流」の違いをいくつか紹介します。

●一流の人は一流の信念を身につける。
一流二流関係なく、子ども時代の刷り込みが今に大きく影響しており、親や教師、友人などの影響を受けて我々の初期の信念は形成されている。
時として行動を限定することもあるのだが、一流の人は初期の刷り込みを意識して気に変更する柔軟さを持っている。

第一段階 親や教師、兄弟、友人などの影響力のある人たちが子どもに信念を植え付ける
第二段階 たとえその信念が間違っていても、子どもはそれを事実として受け入れる
第三段階 子どもはその信念を潜在意識に組み込れ、それをもとに習慣を形成する
第四段階 子どもは間違った信念を持ったまま大人になるが、それに気づかない
第五段階 大人は潜在意識の中に壁をつくり、自分を限定する信念をもとに行動する
⇒提案:自分の現在の信念を列挙し、人生に役立っているかどうかを検証しよう。もし役立っていないなら、その信念を早急に改善する必要がある


刷り込みは確かにあるのだろうけれど、
さらにページをめくると、刷り込みの修正には、ポジティブな思考、イメトレが重要だとありました。
変な固執は取り払い、前に進みましょう、ということですね。大変合理的です。


●一流の人はミスを資産とみなす
二流の人はミスを失敗とみなして忌み嫌う。大勢の従業員が叱責される恐怖のためにミスを隠すことの損失は、全米で年間数億ドルに上っているのが現状だ。
一流の人はミスを異なる視点から見る。ミスを会社の資産とみなして記録し、将来的に避けることが出来るように大切に扱うのだ。本当のミスは損失そのものではなく、それを報告し記録しない種に社内で同じミスを繰り返してしまう事である。
⇒提案:部下にミスの報告を奨励し、自主的な報告には褒美を与えよう。ミスを叱責する風土では誰かのミスを全社的に共有できなくなり、かえって損失が大きくなる。

※先日、WBSで四国管財という清掃会社が取材されていました。営業は一切していないのに、20年以上業績は右肩上がりの会社だそうです。さらに、安い仕事は受けないことをモットーとしており、相見積になるとわかった瞬間に、よそに頼んでくださいという強気振り。
それでも人気の秘密は、こちらの会社は「クレームは宝」とし、スタッフのミスは会社のミスとし、個人に責を問わないそうです。そうしたことの積み重ねで15年間で3500件のクレーム(=宝)を蓄積し、社内で共有。さらにクレームがお客様から出る前に、各自清掃に出ているスタッフが失敗を自己申告することでかえって信頼を得ている・・・という好循環になっているそうです。まさにこの言葉と通じるものを感じました。


●一流の人は自分の無知を認める
二流の人にとって、学習とはコーヒーを飲みながら試験の直前に一夜漬けすることだ。
一流の人はその場しのぎのやり方をせず、自分の能力開発に専念する。
二流の人は本の購入に年間10ドル以下しか使わないが、アメリカの収入上位1%の人々は本やその他の教材に年間約1万ドルを投資する(約120万円)
⇒提案:生涯学習のプログラムを確立しよう。自己啓発の本やCDを活用するだけでなく、講演会や勉強会に積極的に参加しよう。このライフスタイルの変化によって、あなたの意識は飛躍的に高まり、キャリアアップにつながる。

※座って勉強ばかりしているのではなく、積極的に人と関わり自分をブラッシュアップすることが重要ということのように受け取れます。船井総研でも研究会やセミナー等のイベントを開催していますが、まさにこれに当てはまりますね。
私も、定期的に外部のセミナーに出席しています。昨年はアンソニー・ロビンス氏、本年は神田昌典氏のセミナーに参加しました。
神田昌典氏のセミナーについては、参加した時期はずいぶん前の6月なのですが…折をみてブログに書ければと思っています。

アマゾンでも高評価の本でした。
じっくり読みましたが、大体2時間くらいで読めてしまう本です。
個人的には凝り固まった思考や気持ちのストレッチ、チューニングになったと思っています。
posted by 船井総研 村田 at 11:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする