2015年10月06日

本棚★竹中流「世界人」のススメ

本との出会い:書店にて

読了した感想としては、たとえ今は小さな世界で生きていると思っていても、社会人たるものもっと世界の動向に目を向けなければならないし(特にアジア経済)、経営に携わる者としては経済にもっと目を向けなければ長くは生き残れないなぁ…と切に感じました。色々反省できた一冊です。



本書は2013年に出版されたものなのでやや時世が変わっているものもありますが、
竹中氏の経済学博士としての知見の深さが存分に発揮されている内容と、
大臣としての体験談を交えながら分かりやすく説いているものでした。


以下いくつかご紹介します▼▼

「鳥の目」
→読んでいて本書全体のキーワードの一つかもしれない、と思いました。随所にこの「鳥の目」(=物事を広い視野で見る)という言葉が配置されています。
対語に「虫の目」というキーワードも登場しますが、目の前のもの(視野が狭い)という表現で使われています。
身の回りのこと、また日本国内のことだけでなく、世界の動向を見ながら今の状況化を見ない日本人が多いことに危機感を持つべきと説いていました。

まず、懸念しているのは
・日本人はやっぱり「国内市場があれば十分」と甘えていること
・NTTになりたいか?トヨタになりたいのか?
・去年と同じは衰退と一緒

→様々なケースを挙げ、世界に通用する企業になる覚悟を持たねばならないことを警鐘していました。
こちらはその気がなくても、どんどん海外から企業が参入してくるのでやはり他人ごとでは済まされないということです。
船井総研に来ていただいている経営者の方々はあまり上記の懸念事項に当てはまる意識の方は少ないように感じますが、
従業員までこのような危機意識を持てるようになれば、さらに会社は強くなるのではと感じます。

・世界は2つの顔がある。
フラット化:発展途上国が躍進し、先進国に追いつく事
スパイキー化:一部の地域に人も生産力も集中していく事。

どちらが間違っていることではなく、どちらも事実存在する。世界は2つに分かれていくだろうし、その時自分はどちらの世界にとどまりたいかを問われている。
ただし、先進国がフラットな世界で甘んじていては、現状維持すら難しくなり、やがて沈んでいく。
※スパイキー化
トロント大学のリチャード・フロリダ教授によると、夜の地球を撮った写真を見ると20〜40位の灯りの塊ができていることがわかる。
これを「メガリージョン」、つまり大都市圏を指す。現代における世界のイノベーションの8割はこの灯りの塊の中から生まれている。
→どうやら、一番光っているのは東京圏とのこと!詳しくは本書にて^^

・「競争しないことは、よいこと」という発想の転換を
“競争力を高める唯一の方法は、競争することである”
今は少しずつ変わってきていると思うかもしれないが、実は日本は世界的にも競争に対する意識が低い。
「あなたは、たとえ競争によっていくつかの問題点が出てくるとしても、自由マーケットは必要だと思うか」という問いに対して主要国の中でYesと回答した割合の最低の数字が日本(50%)。ほとんどは、7〜80%がYesと回答している。
競争をしなかったら世界の中で生き残っていけない。郵政民営化も日本の郵便にイノベーションをもたらす環境をつくることが不可欠という観点から行ったものである。(実際、日本の通信費は米国と比較して高いようです。日本が82円に対し、40円程度とのこと)

→また、天下りをたくさんつくり、十分に働きもしない人に高い給料を払っている文化を一掃する必要があるとのこと。日本の自動車メーカーが強いと言われているのも、世界を見ながら競争をしているから。

このほか、優れたリーダーの共通点など、興味深い見解がたくさん書かれていました。
書籍内でもご自身で述べておられましたが、国内でこういった類の本はあまりないかも・・・と思います。
もっと広い視野を持たねばならないことを、事例を以て説得された本でした。
posted by 船井総研 村田 at 18:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427350015
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック