2015年09月16日

本棚★七田眞の人間学

本との出会い:会社先輩からのプレゼント

やっと読めました。大変良い本でしたのでご紹介したいと思います。
七田眞の人間学という本の、写真^^▼▼
IMG_1228.jpg

ちなみに、一般の本屋さんでは販売していないようです。
加えて、1〜5巻までありますので、まとめて読まれることをお薦めします。

https://www.shichida.com/sp/detail.aspx?sh=101656

著者の七田氏、恥ずかしながらこの書籍をいただくまで知りませんでした…。
幼児教育の権威なのですね。
この書籍を読み進めるほど、心が洗われた気分になった、というのが正直なところです。
上手な表現ができないことが情けないですが、
子どもたちを育てていくための「How to」というよりは、深い根っこのところから諭してくれる、そんな本です。
全体的に短い章立てになっているので大変読みやすいですよ。

1巻については、
序盤は七田教育の概要が、以降は心の育て方、徳について、志を立てることの大切さ等について触れています。

七田教育についてですが、
右脳教育の重要性:受験戦争に勝つ、という目先・表面的なものではなく、学ぶことの目的、根幹を知り、身に着けることでこれらはカバーされてしまう
(学ぶのが楽しいから学ぶ、人生で成功するために学ぶ、大きくなって世の中に貢献するために学ぶ)

歴史の偉人の教えを辿っている:本書には吉田松陰をはじめ、孟子、孔子など、数々の偉人の教えが登場します。
ただ滔々と説いているのではなく、昔の教えと、割と近代的なケースを交えて書いてあり、七田式としてまとめられている為、
大変イメージがしやすく、読みやすいのも特徴的です。

知識を付けていくことも大切だが、まずは心を育てること。
個人的には、これが重要だと理解しました。

こちらの書籍は個人の経験だけで述べているのではなく、繰り返しますが深いところから説いている・・・なので心の中にスッと言葉が入ってきます。
一度きりではなく、何度も読み返して自分の糧にしていきたいと感じる本です。

お子さんがいるご家庭だけではなく、
よく、部下育成と子育てをリンクさせる例がありますが、一人でも育てたい部下がいる方も必見の書だと思います。

詳細は、ぜひお手に取って読んでみて下さい^^

posted by 船井総研 村田 at 23:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426197347
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック